起立性調節障害から元気になるブログ

新学期こそ、お子さんにしてあげてほしいこと

投稿日:

こんにちは!
不登校・HSP応援カウンセラー・栄養士の小川香苗です。

新学期がはじまりましたね。
ちょっとがんばって、
新しいスタート!

疲れて体調を崩しているお子さんもいるかもしれません。

そんなときこそ、お母さんはどうしたらいいでしょう?

私が大切にしていることを
お話します。

あなたは、
敏感で繊細、洞察性の高いお子さん(HSC)をご存じでしょうか?

私は、そんなHSCちゃんのお母さんを
応援するオンラインイベントを
コラムニストの仲間と開催しています。


昨日は、そのイベントに
昨年ご参加くださった方から、
公式LINEへメッセージをいただきました。

久ぶりに
私のことを思い出してくださったそうで、
とーーってもうれしかったです!

お子さんが、新学期で頭痛が続いて休みがちとのことでした。

心配ですよね。


【そんなときの結論】

とにかく、「おつかれさま!大変だよね!」
お子さんが、不調な状態を

ただ、ただ、認めてあげてください。
まずはそこからです。


新学期、新しい環境のスタート
休んでしまったら、出遅れない?

そんな感じで、お母さんも焦りますよね。
そう、あせる。なんとかしなくっちゃ。
なにができる?って。


お母さんがあせると、
お子さんにその切迫感が伝わり、

お子さんは、
新たなストレスを感じるかもしれません。


そしてお母さんもストレス…。
これは、親子で不調になってしまう。
(これは昔の私です。)


「みんな大変なの。
みんながんばっているの。」と
言わなかったけれど、
思ってました…。

周りに「甘い」と言われる。
いや私も、

「もっとがんばれるでしょ?」

心のどこかで思っていました。

だから本当の意味で
子どもに寄り添えないし、
モヤモヤしてました。

きっと、それを子どもも
わかっていたのです。



でも!わが子は、
普通の人の何倍の敏感で、
100倍大変な思いをしていたかも!

子どもは私とは違う人間。

『どれだけつらいのか』
『どれだけがんばれるか』なんて、
親にもわからない。

もっと
子どもの味方なってあげればよかった。
そうしたら、私も楽だったかもしれない。
本当はそうしたかったなと、
心から思います。

でもそうしちゃダメだって
思っていました。
それが子どものためって。

お母さんって大変ですよね。

今のお子さんの状態が
どうであろうとも!

あなたが
お子さんの味方になって、
今のお子さんを
「そうなんだね。」と
認めてあげたら、
お子さんも安心します。

安心すると、不思議とエネルギーが貯まってきます。

そうすると
お子さんは自分から
「またがんばろう」っと思えるようになる。


(その状態まで、
助けることはできるけれど)

そのタイミングは、
子ども自身が決める。


わが家はそんな感じでした。

あなたのお子さんも、
きっと元気になります!!


追伸:
まずはお母さんがエネルギーを

ためてください!




【感性キッズオンラインイベント】

あなたがホッとしたり、
笑顔になる場があります♬

残席わずか、
次回4月17日は、仲間のコラムニストのみなさんがお待ちしております。
次の私の出番は5月です♡ 

詳細のページはこちら
(実は私がページ製作しました。
画像貼ったり、
とっても楽しかった~)

HSC・起立性調節障害のお子さんが好転していく、
公式LINE

今日お話した方は
どっしりとした
アドバイスいただき
安心しました。と
メッセージくださいました♡
↓↓↓
「はじめての方へ・公式LINE登録」の詳細はこちら!

-起立性調節障害から元気になるブログ
-,

Copyright© 小川香苗 オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.