起立性調節障害から元気になるブログ

不登校、親子でウツにならない方法は?

更新日:

こんにちは!
心とからだの栄養士、
小川香苗です。

あなたは、
お子さんの不登校、何とか登校させたい!とがんばって、
苦しくなっていませんか?


今日は、親がどうしたら、好転していくの?
そんな話をしますね。

 

 

まさかうちの子が、不登校になるなんて!」
私は全く受け入れることができませんでした。

あなたもそうですか?

「どんな手を使ってでも、学校に行けるようにしてみせる!」
怖いぐらいの意気込みですが…、私はそう思っていました。

ちょっと待って。
そんなあなたを見て、お子さんはどう感じているでしょう?

僕のせいで、お母さんまで苦しめている。
僕は、なんてダメな人間なんだ。

親の落胆や苦労を、子どもはよく見ていますよね。
そんなお母さんを見て、子どもはますます落ち込みます。

私は、子どもが不登校になったばかりのころ、

子どもを残して家を出るのが心配でしたし、
スーパーで同級生のお母さんに会うのがいやで、
外出を避けるようになりました。

「大丈夫?」「どうしてる?」
気遣ってくれているお母さんにでさえ、
「ありがとうね」と答えるので精一杯。

どう思われているんだろう、
甘やかしていると思われているかもしれない…。
不安と悲しみでいっぱいでした。

不登校は、うっかりすると
親子でどんどん落ちていってしまいます。

実際、不登校のお子さんのお母さんで、うつ病のようになってしまう方は、少なくないのです。

あなたは、どうしたらよいと思いますか?


まず、あなたが
社会と繋がり続けることが大切です。

今の状態が受け入れられなくても、
たとえ不登校がすぐ解決しなくても、
あなた自身の友人、学校、地域の支援窓口、なんでもよいのです。
とにかく繋がっていてください。

子どものことは関係のない、趣味だっていいのです。

親であるあなたが、つらくてもあきらめずに、
社会と繋がっていたら、それもお子さんはしっかり見ています。
 

 
自分のために、動いてくれている。調べてくれている。
お母さんは、楽しんでいる!

そんなお母さんを見て、お子さんは必ず変化します。

ですから、どうぞがんばりすぎないで。

あなたは、どんな気持ちでも、今の自分の気持ちを
「そうなんだね」と感じてみてくださいね。
わかってくれる人がいると(それが自分自身であっても)
ほっとするものです。

あなたとお子さんが笑顔あふれる未来になりますように。
ではまた。ごきげんよう!

起立性調節障害のお子さんが好転していく、不登校対応のコツは
私の公式LINEでも
情報をお届けします。
↓↓↓
「はじめての方へ・公式LINE登録」の詳細はこちら!

-起立性調節障害から元気になるブログ

Copyright© 小川香苗 オフィシャルサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.