起立性調節障害から元気になるブログ

お母さんだって「やさしくなりたい」そんなときは?

投稿日:

こんにちは!
心とからだの栄養カウンセラー 小川香苗です。

朝夕、過ごしやすくなってきましたね。

夏の暑さや、コロナ予防のお疲れがでていませんか?

疲れているとちょっとしたことでも、イラッとしてしまい、
なんであんな程度で怒ってしまったのかなぁと自己嫌悪。

「やさしくなりたい」斉藤和義さんの歌ではないけれど、
そう思うことありますよね!

そんなときの、オススメ対処法をご紹介します。

まずは自分を大切にしましょう。

自分を大切にってどうやって?
あなたをいたわること。
休ませてあげること。
好きなことをさせてあげること。
…………。
できそうですか?

だって仕事があるじゃない?
食事の用意も洗濯もしなくちゃいけないじゃない?

そんなお金の余裕もないじゃない?

「あぁそんなことを言っていたら、
つまらない生活を送って、あっという間におばあちゃんになっちゃう」


そう思ったあなたは、できそうですね!
たとえそんな状況でないと思っても、実験と思ってやってみましょう。

子どもの不登校、起立性調節障害で悩んでいたとき、
私は感情がさびついていて、
やりたいことをやるとか、
自分を大切にするとか、
そんな気持ちにもなれなかったし、よくわかりませんでした。

考えるではなくて感じる!

もしあなたも、自分を大切にする方法がわからなかったら?

あなたの頭で考えてはダメです!

あなたの心とからだに聴きましょう!


頭で考えた常識さんや、
頭で考えた良いお母さんの声ではなくて、

本当のあなたの気持ちを聴いてあげてくださいね。

それは、どんな小さなことでもいいのです。

例えば、のどが渇いたとき、
家までガマンしないで
おいしいお茶を飲んでみるでもいいし、

いつも贅沢だわ!と思って通り過ごしていた
おいしそうなケーキを
買ってみるでもいいのです。

たった5分でも、
青い空、雲の形をただみることだけ。
あなたに許してあげてみてください。

あなたのやってみたいこと、
ほっとすること、
からだが喜ぶことはなんですか?

自分を大切にしなさい。
自分のやりたいことをやってみなさい。

そう子どもに言っても、
お母さんががまんしていたら、
子どもはピンとこないかもしれません。

お母さんが喜んでいると、
子どもは、とてもうれしそうにしますよ!

あなたを大切にできると、相手のことも大切にできます。

無意識に、他者のためとがまんしていませんか?

あなたを癒して、本来のやさしいあなたに戻りましょう。


「やさしくなりたい」
そう思って、このブログを開いてくださったあなた。

あなたは充分!やさしいのです。

起立性調節障害のお子さんが好転していく
お子さんもあなたも元気になる方法は
私の公式LINEからも情報をお伝えしています。
↓↓↓
「はじめての方へ・公式LINE登録」の詳細はこちら!

-起立性調節障害から元気になるブログ

Copyright© 小川香苗 オフィシャルサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.