ODサロン フォーマザーズ

※現在準備中です。

























































「起きられない子、不登校の原因に、栄養失調がある!」
飽食の日本で、この事実を、あなたは信じられますか?
これは、物理学者の故三石巌先生の研究で科学的に証明され、継承されています。
医学界では表沙汰にならない事情があるのです。

このページでは、「起立性調節障害」のお子さんの心と体へ
そして、お母さんである「あなたに」栄養をお届けします。
「私はいいわ。必要なのは子どもよ。」
あなたはこんなふうに思いましたか?それには訳があるのです。

2018年度の不登校の小中学生は16万人を超しました。しかも、
90日以上の欠席が約58%と長期の不登校です。(文部科学省・不登校調査)

ご家庭では、必死に対応されてきたはずです。
それなのに!
解決どころか、部屋に引きこもり、昼夜逆転までしてしまう。
いったい、私の何が悪いの?
いつの間にか、お子さんへの心配は、深い悲しみと怒りに変わっていませんか?

もし、あなたがこのような状況でしたら、
『そこから抜け出した私の3つの方法』が
必ずお役に立つはずです。

家事をしながら、1日10分、気軽に方法を聴き、
あなたのペースで、すぐに試していくことができます。

心と体が満たされ、ご家族にも笑顔が広がることを想像してみてください。
空回りしていた歯車を、一緒に動かしていきませんか?



2017年9月、都内のK大学病院
残暑厳しい中、私は汗をぬぐいながら診察室にいました。

その日は、体調を崩している息子の検査結果がでる日でした。
私は予約時間のぎりぎりまで、白い顔をした息子に同行を促していましたが、
結局、ひとりで、慌てて病院に到着したのでした。

「まぁ、検査も受けられたことだし、お母さんが結果を聞いてくるね。」
ベッドにもぐったあの子に言ったの?
がっかりしている自分を励ましたの? どっちだったかしら…。
私はそう思いながら、口元をきゅっと噛みしめていました。

医師の机上に置かれた、血液検査の結果。
クリニック勤務の私には、問題がないことぐらい、すぐにわかりました。
(大きな病気もなさそうだし、血圧がちょっと低いだけ。
ちゃんと食べて運動すれば、元気になるはずだわ)
私は勝手に、よい診断を期待しました。

小児科部長の医師は、苦い顔をして、しばらく沈黙をした後、
言いづらそうに話しだしました。

「起立性調節障害。これは…長引くかもしれませんね…。」


(長引くですって?!) 
私は、さぁーっと血がひくのを感じながら、心の中で聞き返しました。

(病気なら、病院で治療すれば治る。)そう信じていた、いいえ、
そう信じたかった私。
その後続いた医師の説明も、決定打になりそうもない対処方法ばかり。

がっかりと言うより、これから治療を始めるのに!と、
医師の長引く発言に憤りを感じていました。

納得しないまま、病室を出ると、トボトボと薬局へ行き、
息子の血圧を上げる薬の処方を待ちました。
そして、とにかく主人へLINEを送りました。
「長引くかもと言われてしまいました。」
(そんなはずない。そんなのいや!)私の心の叫びは、主人には届かず、
ポロンとスマホが鳴り、私の予想外の返事が返ってきました。

「何か月、何年かかっても、私たちで支えていこう」
(何年かかってもですって?何を言っているの!)
今思えば、頼もしい言葉なのですが、
医師にぶつけられなかった私の怒りは、主人へと爆発しました。

(あの子に限って、そんなはずないじゃない!
こうなったら、私がどんな手を使ってでも、絶対に元気にしてみせるんだから。)

私は心の中で、主人へ罪をなすりつけました。
(だいたい、こんなに元気がなくなってしまったのは、あなたのせい!)
朝の修羅場が思い出されました。
子どもへ言い放たれた言葉、
「気持ちが悪いぐらい、がんばって登校しなさい。」
「自分で行かないなら、おんぶしてでも学校へ連れていってやる。」

自分も同じ思いだったけれど…。
そんなことは棚に上げ、怒りがメラメラと湧いてきました。

それでも、私は「フゥ…。」っと、ため息をついて…、
「長引くとは思わないで、がんばっていきます。」
主人にはそう伝えました。
どうしてだと思いますか?

『私は、良き妻、いいお母さんでいられる。』
私が我慢して、がんばれば、全てうまくいくと信じていたのです。


私は何もわかっていなかったのです。
その後、私は出口のわからない迷路を、さまようことになります。

1年半が過ぎ、長い迷路の中で、私は幸運にも
迷路を抜け出す3つの方法を知り、実践することができました。

その3つ方法は、家族に笑顔を取り戻し、
自分の人生までを、ガラリと好転させてくれるものだったのです。
息子はなりたい職業を語りはじめ、そのために勉強したいと
高校を受験し合格しました。
自分の目標を持った息子へ
「これからなんでもできるね。いいなあ!」というと、
「お母さんもね、できるよ!」と返してくれました。


【自己紹介】


申し遅れました。
わたくし、心理カウンセラー・栄養士の小川香苗と申します。
栃木県宇都宮市で生まれました。といっても宇都宮市には3歳まで。
転勤族の父と、転勤族の主人。家族で地方・東京と引っ越しを重ねてきました。
現在の居住地は東京で、人生なんと、12番目の家です。
優しい父は昭和の企業戦士で、ほとんど家にいませんでした。
そんなわけで、頑張り屋の母は、転勤地でワンオペ育児、
私は、どこの土地にいっても、持ち前のポジティブ思考と根性で、
なんとかなるさ!と乗り切ってきました。
核家族の長女って、そんなまじめな子が多いと思いませんか?

あなたは、HSPという繊細性、共感性、洞察性が強い気質をご存じですか?
私はHSPであることをフル活用して、
新しい土地のオキテを察知し、順応してきたように思います。

大変なことがあっても、前向きに頑張っていれば、それなりの成果はついてきますし、
それなりに乗り越えられる。とにかく頑張ることは正しいと信じていました。

あなたの子どもの頃の夢は、なんでしたか?
私の夢は、お嫁さん、お母さんになることでした!
今では驚きの昭和的発想ですよね。良妻賢母を目指し、
大好きな食べ物について学ぶ食物学科を専攻し、栄養士免許を取得しました。
在学中に小学校へ栄養実習にも通い、栄養士として働こうと思っていましたが、
バブルの波に乗れたこともあって、当時就職したいランキングNO.1企業へ入社しました。

人との交流が何より楽しいと感じ、配属は希望通りの本社人事部でした。
出向や海外帰任など人事異動担当として、年間300人以上の個人面談を担当し、
業務改革では人事部門賞を受賞するなど、充実した日々でした。
結婚後、主人の地方転勤に伴い退職しました。
30歳で出産。お母さんになる夢が難なく叶うはずが、
切迫流産のため長期入院をしました。
そして、流産や入退院を繰り返しながらも、3人の子どもに恵まれました。

深夜まで働く主人。転勤地での子育て。
退院後の育児は体力的にも大変でしたが、
泣いてもぐずっても、子どもがかわいくて、本当に幸せな日々でした。


【子育てに暗雲がかかって】


元気だった子どもが学校に行けなくなり、起立性調節障害と診断されたのです。

小児科医師の予言通り、息子はすぐには元気になりませんでした。
それどころか、自分の部屋へ引きこもりがちになり、スマホが手離せなくなりました。
その間、私は必死で私のできることはなにか、探し続けました。

そのうち私は、一日中、いつも背中に重たい石がのっているような、
そのうえ、喉や胸には、なにか詰まっているような感じに苦しみました。
もしかして、私はうつ病になってしまったのではないか…。

励ましても、寄り添っても、何を提案しても、元気にならない息子。
私がなんとかしようと、一生懸命になるほど、悪循環のようでした。

息子はだんだんと外にも出られなくなり、昼夜逆転をしてしまいました。
部活で日焼けしていた顔は青白くなり、いつも背中を丸め、
顔つきも、別人のようになってしまいました。



【抜け出した3つ方法】


「今のやり方で結果がでないのなら、別のことをやってみるしかないですよ。」
私のメンターの言葉です。
私はダメ元でもいい、とにかく現状を変えたい!とカウンセリングを受けながら、
勉強会や講習にも参加し学びました。
子どもが動けないなら、私が動くしかないと思いました。

そして学んだ方法の1つ目は、自分に意識を向け、心地よくいる方法でした。

あなたは、意外に思われましたか?やっぱりと思われましたか?
あなたは、お子さんのことばかり心配していませんか?

不登校の関連本を読んでいると、
「お母さんが変われば子が変わる」
「子は母親のために不登校になる」といった言葉に出会います。
当初私は、そういった言葉に、ものすごく腹が立ちました。

『こんなにがんばっているのに、私が変われですって?
変わるのは子どもでしょ』
と。

ですから、私が最初に開き直って受けた勉強会も、子どものためという大前提でした。
「子どもの自己肯定感をあげるため」
「親がカウンセラーのように、子どもへ寄り添うことができるようになるため」

ところが、実際受けてみると、心と体のしくみを知って、
何より楽になったのは、自分自身。
意識してみると、腑に落ちることばかりでした。
子どもをコントロールしようと思っていたことにも、気が付くことができました。


2つ目の方法は、必要な栄養を摂ることです。
あなたは、この飽食時代に栄養失調なんて信じられないかもしれませんが、
起立性調整障害の原因の一つとして、栄養失調があります。
そして私たち母親の更年期の不調も、実は同じ原因である場合もあります。


私は栄養士として、バランスがとれた食事作りに自信がありましたが、
それが時代遅れの内容だったと知りました。科学は日々進化していたのです!

ある本をきっかけに、私は栄養理論を学び直しました。
起立性調節障害のお子さんたちが、大きく好転したエビデンスは驚く内容でした。

食は、お母さんからの愛を伝える一つです。
どんなに寄り添ったつもりの言葉がけも、始めは子どもに届きませんでしたが、
食事は必ず摂るもの、愛を伝えるチャンスでした。
難しい献立でなくていいのです。例えば、〇〇ちゃんが好きだから、これ買ってきたよ。
そんなことから、あなたの想いは伝わっていくのです。
食べるもの、食べることを大事にすることで、家族は劇的に元気になっていきました。


3つ目の方法は、子どもの気質、現状を知り、それに合った対応をすることです。
私は多くの不登校生が該当するというHSPという気質の概念を学びました。
そして、子どものしんどさと、その訳を、心の底から納得することができました。

子どもの状態に心から共感できなければ、寄り添うことは難しいものです。
建前の言葉やうわべの寄り添いは、子どもは、敏感にわかってしまいます。

そして、あなたが本当に心から寄り添うことができれば、必ず伝わります。
また、気質と現状を客観的に見ていくことは、
1つ目の方法である、自分の現状を知り、心地よくいることに大変役立ちました。

子どもを知るだけでなく、自分自身に対して、なるほど!だからなのね!と
腑に落ちることによって、どんなに楽になったことでしょう。


【これからのお子さんとあなた。どうなりたいですか?


あのまま、ただ寄り添って、いいお母さんを装っていたら…。
一般的な正解のみを追い求めていたら…。

もしかしたら、子どもは引きこもりを続け、学校どころか就職もできず、
私は心も体も壊して、病院通いをしていたかもしれません。

もし、お母さんが落ち込んで、つらそうな毎日だったら?
そんな大人をみて、子どもは自分の将来に期待できるでしょうか。

お母さんは、家庭の太陽でいないと!そんなカラ元気は、いつもまでも続きませんよね。

子どもを叱咤激励して、それがだめだと、なんとか寄り添って。
私は一生懸命、まじめにやっているのに。
学校の先生や病院、あなた自身の親たち、周りの人はなんて思っているかしら。
私はどう思われているのかしら…。そんな風に、
不登校の問題だけでなく、日常すべてが、とてもしんどくなっていませんか?

私は自分自身への意識を変え、3つの方法を実践することによって、
体験したことのないような気持ちと、体の変化を実感しました。



いつの間にか、
「なんだか以前より元気そうね!」「楽しそうだけど、何をやっているの?」と
友人に言われるようになりました。
あなたに自然な笑顔や、心地よさがあったら、
ご家族も自然に笑顔があふれていくと思いませんか?

もちろん、この先つらいことがないはずは、ありませんよね!
ただ、どんなことがあろうとも、
あなたの気持ちを正直に、本当のあなたに戻って、
あなたと周りの人を大切にできるようになったら、うれしいと思いませんか?


【起立性調節障害と不登校の対応は?】


このサイトにたどり着かれた、あなたならば、
不登校の子どもへのアプローチ方法を調べたり、試されたりしていると思います。
けれども、
いくら正しいとされる方法を、子どもへ諭しても、子どもの心には届きません。

子どもだってどうするべきか、わかっているのですから。
わかっているのにできない、
そんなときに、私は息子のエネルギーを奪っていたことに気が付きました。

反対に、エネルギーがたまって、そっと背中を押してあげられる時期もあるわけです。

それでは、どんな対応方法があるでしょうか?
○本人や親が、カウンセリングを受ける
○地域の支援センターへ相談する
○フリースクールへ行く
○ホームスクーリングをする
○家庭教師をつける
○転校する  
○病院を受診する
○サプリメントを飲ませる

お子さんが外出できる場合は、環境を変えることによって、その環境が合えば、
すんなりと回復していくこともあるでしょう。

ただ、起立性調節障害の場合、エネルギーが不足し、新しいことにチャレンジできないケースが多いと思います。

○子どもがカウンセリングを受けたがらない。
○せっかく承諾させて予約したのに、当日カウンセリングに行けない。
○お母さんがカウンセリングを受けて、気持ちが少しすっきりしたのに、
つらい現実にすぐ引き戻される。
○お母さんが対応を調べたり学んだりしたのに、子どもが反応しない。
○気分転換してみても、すぐに不安、不満が湧いてくる。

お子さんは、頭で理解して、動き出すことに承諾しても、
心と体で、拒否していませんか?
体調を崩した根本的な原因を把握できていない場合、せっかく環境を変えても、
また不調を繰り返してしまうかもしれません。

どうしたらよいか、様々な意見を言う人がいるし、
ただ寄り添っていても、子どもはいつまでも変化しない。

知識を得て、対応を試してみても、それが本当に子どもに合っているのかと、
心配になっていませんか?

まずはお母さんから、楽になりませんか。
『外出できなくても、ご自宅で、好きな時間に、気軽に、
苦しい状況から抜け出す方法を知り、すぐに試していくことができたら!』

と思いませんか。

そしてこれも重要なことですが、
『その学びを、あなたのペースで確認し、
あなたが実践できるように、伴走してくれる人がいたら!』

と思いませんか?

一方通行で学ぶだけではなくて、質問したり、あなたが本音を言えたり、
同じような立場の人の本音を聞いたりできる場があったらいいと思いませんか?
ここからは、そんなサービスについて、さらに詳しくお話ししていきます。
あなたの貴重な時間をいただき、ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
この先は、さらに興味のある方のみ、ご覧いただけたら、うれしいです。




お母さんのための起立性調節障害(OD)克服サロン
【ODサロンフォーマザーズ】 サービスのご案内


このサービスは、お子さんの
起立性調節障害(OD)や不登校を克服することは、もちろんのこと、
あなたが、あなたらしい人生を心地よく送る、応援をいたします。
あなたとお子さんの、心と体へ栄養をお届けいたします。

私は、お母さんとして、妻として、うまくいっている方だと思っていました。
それなのに、子どもが元気になるまで、かなり遠回りをしてしまいました。

たくさんの本を読み調べ、病院や公共機関、スクールカウンセラーに相談してきましたが、
納得いく方法には、なかなか巡り合えずにいました。本当に、もったいない日々でした。
そして、問題は方法だけではありませんでした。

あなたの大切な時間は、一日でも無駄になりませんように、
実際に同じような経験から抜け出した、私だからこそできるシェア方法で、
克服の道を、ご一緒に進みます。
お子さんとあなた自身の未来が希望であふれる。そんなお母さんを増やしていくこと。
それが、私のリベンジなのです。



どのように学習を進めるの?

特徴1.わかりやすいオンライン学習動画の配信


ODサロンフォーマザーズは、メンバーの方に個別のページをご用意します。
そのページに、スマホやパソコンからインターネット接続し、学習動画を視聴していただけます。以下をテーマに、毎月合計2本以上の動画や音声をお届けします。

①あなたができる!不登校のお子さんへの具体的対応
起立性調節障害克服に有効な栄養や料理、お子さんへ愛情が伝わる関わり方

②観念の法則・潜在意識をヒントに、
お子さんとあなたの心と体に栄養を届ける、簡単にケアする方法


【今なら期間限定のサブ特典!】
不登校のお子さんに多い気質であるHSP、HSC(繊細性、共感性、洞察性が強い気質)の一番大切なことを知ること。その具体的対処法について

動画1本につき、1時間程度、音声は5~10分程度を予定しています。


特徴2.あなたのペースで実践するための、オンラインワークやフィードバック

自由に参加できるオンラインサロンへご招待いたします。
ODサロンフォーマザーズのメンバーだけが見ることができる、
限定公開のfacebookグループサロンにご参加いただき、
私からの簡単なワークをしながら、継続的に学びを実践することができます。

ODサロンフォーマザーズは、自由に、気軽に楽しむサロンです。
何かをがまんしていたら、リラックスはできません。
リラックスができたら、本来の心地よいあなたになれます。
安心の場となるように、最低限のルールは設けますが、リラックスをして、
誰にも遠慮せず、楽しんでいただくことを大切にいたします。



学習動画で勉強するメリットとは?


メリット①時間の都合で参加できないということがない。

メリット②会場に向かう時間と移動のための交通費がかからない。

メリット③家事をしながらでも、24時間好きな時間に学ぶことができる。

メリット④自宅でも外出先でも、好きな場所で学ぶことができる。

メリット⑤スマートフォン・タブレット・パソコンなどで、インターネットに接続し、視聴ができるため、通勤電車の中や、少しのすき間の時間で学ぶことができる。



モニター体験されたお声


私は現在「HSP未来ラボ」(2020年8月現在150名以上在籍)というコミュニティに参加しています。
私の「HSPメッセンジャーとしての活動」詳細はこちら!


そのメンバーに向けて、「HSPと栄養」と題して1時間のシェア番組を開催いたしました。

以下に、そのご感想を紹介いたします。

40代Y.O様
「動画拝見しました!癒しの香苗さんのお話と食事のこと。すごく分かりやすかったです。
穏やかで優しい雰囲気がご本人からあふれているので、一緒にいるだけでなんでも受け止めてくださる安心感を感じます。
癒されながら知識やアドバイスもしてくださるおすすめのカウンセラーさんです。」


50代Y.S様
「香苗さん、と~っても分かりやすい講座をありがとうございました♡
やっぱり最新の情報に基づいて、知識を自分の状況に合わせた行動に移すって大切ですよね~。我が家にできることからはじめてみますね。続編もあったら、是非聞きたーい!」


30代R.S様
「ブログに聴いた内容を発信しました!ほんとに心に沁みるステキなお話でした。
香苗さんのお話は心に響くことが多く、優しさが滲み出てくるお人柄に ほんわかキュンキュンしちゃいました。もっとお話しお聴きしたかったです。続編に期待」


40代E.K様
「香苗さんのトークのトーンが心地いい。ステキなお話をありがとうございました!
本当にいいきっかけになりました!私、子どもの頃から貧血で、子どもたちも、とても疲れやすいです。香苗さんの優しい声に癒されました(^^)本当にありがとうございました。」


50代T.I様
「うちの息子は食べることが大好きで食事をすると、体の中から何かがグワーッと湧いてくるそうです。生きてる、と実感するそうです。香苗さんのお話のとおりです!
繊細ちゃんは、食べることの意味を身体がわかっているのだろうなと思います。
食のお話、愛がいっぱいで凄く良かったです(^^)ありがとうございました。」



よくある質問

内容の理解ができるかしら…


栄養学、心理学、専門的用語はなるべく使わず、どなたでもわかりやすい言葉を使って
お話していきます。
具体的方法を知って、すぐにやってみよう!と思える内容でなければ、
学ぶ意味がありませんよね。
オンラインサロン内から、いつでも質問をすることもできますので、どうぞご安心ください。

続けられるかしら…

どんなにやる気があっても、あなたが一人だけで、新しいチャレンジを継続していくのは、かなりの努力が必要です。
無理なく続けられるように、オンラインサロン内でお声がけしていきます。
気軽にサロンへアクセスしてくださいね。簡単なワークに取り組むことによって、少しずつ、楽しく実践していくことができます。
ワークへの取り組みペースは、あなたのペースで構いません。
やりたい内容だけ、やりたいタイミングだけでも構いません。
あきらめずにやっていくことが、望む未来につながります。

効果があるのかしら…

方法を知るだけや、誰かに、あなたのつらい現状を打ち明けるだけ、それでは
現状の好転は難しいかもしれません。
だから、やってみる、ワークを実践することが必要なのです。
わかったつもりでも、忘れてしまったり、現実に引き戻されたりするものです。

動画や音声、ワークを通してわかったこと、感じたことを、自由にコメントいただくと、
あなたの学びのアウトプットができます。より変化を実感されるはずです。
もちろん、私からもフィードバックをお送りし、全力でサポートをいたします。

簡単に退会できるのかしら…


簡単な手続きで、退会することができます。
サービスが合わないことがないように、あなたのリクエストへ迅速に対応させていただきますが、あなたの選択を尊重いたします。どうぞご安心ください。



なんでもご質問ください!


『よくある質問』で多くのご質問にお答えしましたが、その他ご質問があれば、私に直接LINEで質問してください。個別にお返事させていただきます。
まだ私とLINEで繋がっていない方は、下記ボタンより『友だち追加』をしてくださいね。




お申込み前のお願い


周りの目を気にしたり、子育てに自信をなくしたり、
どうぞ、もうご自分を責めないでください。

まず、あなたご自身を癒しながら、
あなた自身を、もっともっと応援して、信じていけますように。
そんなあなたこそ、もっともっと、お子さんを信じられるようになります。

そのためには、
「そうは言ってもね」 「やってもできないかも…。」なんて気持ちは脇に置いて、
「とにかくやってみよう!」そう決めた方だけ、この先はご覧ください。
また、現在医療機関(精神科・心療内科)に通院中の方、自己責任判断ができない方はお断りしております。予めご了承くださいませ。

現実は100% あなたの意識が創っています。
あなたの現実を変えることができるのは、あなただけなのです。

あなた自身の人生を、心地よく、
そしてお子さんが、自立して楽しいときを過ごせるように、ともに進んでいきましょう。



PayPalについて


お申し込みは、PayPalというシステムを使っています。
このPayPalとは、世界で2億5000万人以上、1800万以上の店舗で利用されている
世界で最も安全な決済方法の1つで、世界最高峰のセキュリティを誇ります。

またPayPalアカウントは誰でも無料で作ることができ、クレジットカード・デビットカード・
銀行口座でも支払うことができるシステムです。

まだPayPalアカウントをお持ちでない方は、下記ボタンより無料で作ることができます。
※所要時間は4分




お申し込み手順について


お申し込み手順は、下記の通りです。

①下記の【ODサロンフォーマザーズに今すぐ参加する!】というオレンジ色のボタンをクリックする。

②PayPalで決済をする。
※所要時間は2分弱
※PayPalアカウントをお持ちでない方は、無料でPayPalアカウントを作成してください。

③決済後、すぐにPayPalに登録されているメールアドレスに、『会員登録ページ』のURLが届きますので、そちらから『会員登録』をする。

④会員専用ページにログインし、学習を始める。

以上がお申し込み手順となります。



今だけのお申込み特典


【特典①】 あなたと小川香苗のオンライン(ZOOM)個別相談 50分
【特典②】 おススメする、起立性調節障害克服に役立つ本のご紹介シート
【特典③】 もしかしたら、お子さんはHSC? HSP未来ラボ公式チェックリスト
【特典④】 もしかしたら、あなたもHSP? HSP未来ラボ公式チェックリスト



月謝の料金について


『ODサロンフォーマザーズ』の月謝の料金については、とても悩みました。
あなたは、ネット検索されてご存じかもしれません。不登校解決講座と題して、7万~10万円台の金額をお支払いし、数日開催される勉強の場がありますよね。けれども、私は数日・数時間の勉強で、満足のいく結果を出すことは、難しいと感じています。
また、低料金で、不登校の相談ができるサービスも、ありますね。回数や時間の制限があるケースが多いようです。短時間の相談で、お子さんの状況の把握から対策までを
カバーできるでしょうか…。お子さんお一人ずつの状況、どのように対応していったらよいかは、皆違ってくるはずです。そのお子さんを支えているあなたのペースに合わせて、伴走をさせていただきたいのです。
そのために、無理なく効果的に学習していただけるように、月謝の料金を…

月額3,400円


といたしました。
この料金で、この内容をカバーしているものはないと思います。
あなたに体験していただきたくて、お手頃価格に決めましたが、金額は関係なく、全力で伴走いたします。
今回に限り特別価格といたしましたので、ご興味がある方は、この機会にお申し込みください。

※なお月謝の料金は予告なく変更する場合もございますが、この料金でお申し込みされた方は、この料金から値上げすることはありませんので、ご安心ください。

※現在、ボタンは準備中です。

更新日:

Copyright© 小川香苗 オフィシャルサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.